冬のバス釣りはメタルバイブでディープを攻めろ!

スポンサーリンク

deep1
最近冷え込みが激しくて出かけるのも嫌になってしまいますよね。。。こんな時期は家の中で暖まってゆっくりしていたいですよね。でもそれって人間だけではなくバスも同じことなんです。急激に寒くなれば少しでも水温が安定した場所を求めて移動します。今回はそんなお話をしょうかと思います。

スポンサーリンク

バスの居心地のいい場所は水温が安定しているところ

冬の季節は気温が低く水深の浅い場所は空気の冷たさや、風の影響をモロに受けてしまい、水温の変動がとても激しいです。そんな影響を受けにくいのがディープエリアなんです。

ただし注意してほしいのは水深何メール以下というのではなく、そのエリアの一番深い場所という事になります。

岬の両脇のブレイクを狙う

暖かい季節の野池や湖では岬の先端が水通しが良く魚がつく絶好のポイントなのですが、冬となると冷たい風が当たり水温が低くなってしまいバスは寄り付きません。

逆に岬の両脇には急激に水深が深くなっている事が多いのでそのブレイクの下を狙ってみるとバスが多くたまっている事があります。

小さい野池であれば中心を最深部と考える

数分で一周出来てしまうような小さい野池ではとにかく中心を一番深い場所と考えて攻めてみましょう。基本的に池の構造からしてほとんどが同じような作りになっているので上級者の人も同じような攻め方になっています。また取水施設の延長線上に最深部があることも多いので参考にしてみてください。

冬の定番となったメタルバイブの凄さ

メタルバイブはテッパンと言われています、要するに鉄の板なんですが、昔からベイトフィッシュに似せた色々なカラーのルアーが存在する中。なぜ銀色が中心のこのルアーが有効なのでしょうか。下記の3つにまとめてみました。

特徴その① メタルバイブは飛距離が出る

さきほど書きましたが、冬は水温が安定する最深部を攻める必要性があります。そのためには飛距離が必要ですよね。そこで鉄の板で作られたメタルバイブが本当に有効になってきます。

メタルバイブはその作りからプラスティックのルアーより空気抵抗がかなり少なくてよく飛びます。池の中心を狙うとしたらその奥まで飛ばさないといけないですよね。そんな時にピッタリのルアーです。

特徴その② メタルバイブは最深部まで素早く沈下する

鉄の板で作られているメタルバイブはシンキングタイプなので何もしなくても沈んでいきます。しかも素早くです。ここが重要で最深部の奥まで遠投してそのままフォールすれば、最深部の奥側から底を引いてこれるんです。つまりバスが溜まっているであろうエリアをすべてトレースすることができます。

これがクランクベイトですと潜らせるのに距離が必要ですので、最深部のおいしい場所を狙うのが難しくなってきます。

特徴その③ メタルバイブはリアクションを考えて作られたルアー

釣具屋に行けば本物のベイトフィッシュそっくりのルアーがたくさん並んでいます。自分がバスだったら美味しそうなルアーに食いつきたいですよね。でもバスにには食性で口を使う時とリアクションで口を使う時の2パターンが存在します。

ただ巻きしながら最深部の奥から底を引いてくるだけで、バスの目の前を通せる可能性は高くなります。そこにキラキラしたメタルバイブが来ればとっさにパクっと口を使ってしまいます。しかもサイズが小さいものが多いので活性が低い季節でも簡単に口に入ってしまいます。

巻いて釣るメタルバイブならノッキンジョー

noki


JACKALL(ジャッカル) ルアー ノッキンジョー1/4oz HLコットンキャンディー
バイブレーションプラグのようなリップが特徴のメタルバイブがjackallの「ノッキンジョー」です。メタルバイブでは珍しい構造ですが、この下あごが突き出た形状は底にある地形物を素早く察知することができ、地形物に当たったことでリアクションが生まれてバスに口を使うきっかけに繋がります。

詳しくは下記動画で秦プロが解説しています。

バスの居場所が分かったらサスケでダイレクトに狙う

sasu

JACKALL(ジャッカル) ルアー サスケブレードJr. 8g キンクロ
先ほどサーチルアーとして使える「ノッキンジョー」を紹介しましたが、サーチした結果ある程度バスの場所が絞り込めた場合はダイレクトに狙うためにでかいウエイトが2つ搭載されている「サスケ」が有効になってきます。

バスがいる場所に落としてとにかくリフト&フォールでリアクションバイトを誘います。もうこれの繰り返しで最深部をとにかく狙ってみてください。確実に釣果は上がると思います。

まとめ

今回は冬のメタルバイブの攻め方について記事にしてみました。メタルバイブは冬だけでなく暖かい季節にも有効なのは間違いないのですが、活性の低い冬に特に使えるルアーなのでプロの方たちもよく使っていますよね。

冬は釣れるチャンスが少ないですが可能性を少しでも上げるためにメタルバイブを持ってフィールドに出かけてみてください。バスも思わず口を使ってしまいますよ!!

コメント