ハワイのオプショナルツアーとしてバス釣りが出来る!

スポンサーリンク

hawaii
ハワイと言えば海!!ではありますが、ウィルソン湖でブラックバス&ピーコックバスを釣ることができます。現地には日本語の通じるバス釣りのガイドサービスがあります。

ガイドサービスを利用すれば道具を当日レンタルすることができるので手ぶらでも大丈夫!旅行でハワイに行く方は是非参考にしてもらえればと思います。実際にハワイでバス釣りに行くところから当日の流れについてまとめました。

スポンサーリンク

予約から当日釣りに行くまで

まず、以下のサイトにアクセスしハワイでバス釣りガイドをしている千田さんにメールで予約の連絡をします。

OUTDOOR QUEST ガイドサービス

ハワイのバスフィッシング アウトドアクエスト
ハワイのバスフィッシング, ピーコックバス

予約がとれると、服装、おすすめルアー、当日の流れの説明があります。服装については半袖短パン等の軽装、おすすめルアーは具体的なメーカーと商品名が書かれてきます。ハワイに行くまでに準備しておくとよいでしょう。(ルアーやタックルはなくてもしっかりしたものを現地で貸してくれます)

u4
当日はまずハワイのホテルにお迎えに来てくれます。テレビでよくみるバスボートをひっぱることができる大きな車です。他のお客さんがいれば同様に拾います。ウィルソン湖に向かう途中セブンイレブンで朝ごはんと昼ごはんを購入する時間があります。

ウィルソン湖についたら千田さんかアメリカ人ガイドについて釣りを開始します。どちらにしても日本語が通じるので安心です。

釣り場のウィルソン湖について

ウィルソン湖は木にかこまれいかにもバスがいそうないい雰囲気です。

u2

u1

この湖を本格バスボートでせめていきます。ハワイの日差しは日本とはくらべものになりません。必ず帽子、サングラス、日焼け止めを忘れないようにしましょう。

ウィルソン湖はブラックバスとピーコックバスが釣れる

ウィルソン湖では、ブラックバスの他にピーコックバスが釣れます。サイズは40cm以下が多いようですが、バイトするとブラックバスよりも派手にライズするため大変楽しめます。トロピカルな見た目が南国っぽくて良いですね。
u3

 

ピーコックバス攻略

ピーコックバスのベイトは魚のみのようです。そのため、基本的にミノーかペンシルをキャストします。ポイントはどこかというと、ブラックバスのように岸際やストラクチャーそばもそうですが、水面が爆発するように群れで小魚を追い回してボイルするのでそこがポイントとなります。

バスボートのエンジン全開でボイルに近づき、すかさずルアーを投げるという形で釣ることがほとんどです。ジャーク、トゥイッチに対して果敢にアタックしてくるので、アクションテクニックが必要です。とはいえ初心者でもたくさんのピーコックバスが釣れると思いますよ。

まとめ

旅行でハワイに行く方はハワイでバス釣りを是非検討してみてはいかがでしょうか。日本にはいないトロピカルなピーコックバスはますますバス釣りの面白さを教えてくれます。ガイドサービスを利用すればハワイでも安心して釣りができます。

なかなかバス釣りに対する理解が得られない奥様を持つ旦那様!!家族旅行で奥様を釣り好きにするチャンスですよ!!初心者の奥様もバス釣りの面白さに目覚めるかもしれません!!

コメント