ランカーサイズのブラックバスを釣るポイント!足を使って釣るのもありかも

スポンサーリンク

0924_rie☆_記事_画像_ドヤ顔
初心者が大きいサイズのブラックバスをコンスタントに釣りあげるのは本当に難しいことです。一体私は何度坊主を経験したことか、数えきれません。自然を相手にしているのだから釣れなくても楽しめれば良いと割り切ってしまえばそれまでですが、できればバス釣りに行く度に自分の顔よりも大きいバスを右手にドヤ顔で写真撮影したいですよね?

以前子バスを100%釣る方法をご紹介しましたが、残念ながら大きいバスを100%釣る方法はありません。釣れなくて心折れそうになっているそこのあなた!!決して諦めないで!!でかいバスはいつかきっと釣れます!!せめてこの記事を読んでみてください。

スポンサーリンク

全然釣れない場所でも釣れる人には良く釣れる

bassM
メジャーな釣り場は釣りができる場所ではありますが人がたくさん釣りに来るため、競争率が高くブラックバスは釣りにくいです。しかし、メジャーな釣り場には必ずと言っていいほど名人が存在します。

名人はその釣り場に長い年月をかけて通いつめ、その釣り場の攻略法を知り尽くしています。名人は、そこがメジャーな場所で、他の人が坊主でも一人だけ何十匹もバスを釣り上げます。例え釣れない釣り場でも通い詰めて腕を磨けば一人だけたくさんのブラックバスを釣ることができるかもしれません。

ただしそうなるまでに相当な根気が必要ということは言うまでもありません。どこかに初心者でもたくさんのブラックバスが釣れる楽園はないのでしょうか?

yahoo知恵袋で叩かれるかもしれない質問「ブラックバスが釣れる釣り場を教えてください」

yahoo知恵袋で釣れる場所を教えてくださいと質問すると、ある程度メジャーな場所をお勧めする回答と、知っているが教えないという回答をよく目にします。

メジャーな場所は釣りができる釣り場ではありますが競争率が高く釣りにくいです。知っているが教えないという回答をよく読んでみると、教えない理由はその場所にあっというまに人が殺到して釣れない場所になってしまうからと書かれています。

最終的にはインターネットでそういった質問をするのは止めてくださいと注意している物も少なくありません。あまり人に知られていない、知られたくない初心者でもブラックバスがよく釣れる楽園はどこかに存在するかもしれません。

楽園探しの旅へ!! でも釣り禁止エリアに気を付けて!!

0924_rie☆_記事_画像_釣り禁止
教えてくれないのなら自分で探してみましょう。google mapやカーナビを駆使して水のある場所をしらみつぶしに回ってみると案外釣りができる場所が見つかります。ただ、1つ気を付けてほしいことがあります。それは釣り禁止エリアです。

地図上で青くなっているところ(池)に向かって車を走らせその場所につきます。しかしそこには残念ながら釣り禁止の看板が!!池にはブラックバスが泳いでいるのが肉眼で確認できます。釣り禁止の看板が気になりつつ好奇心ですかさずルアーを投げるとおもしろいように釣れるのかもしれません。

30分後、釣り禁止の看板を立てた池の所有者に通報され、警察がやってきてあなたは不法侵入でつかまってしまいます。知らず知らずのうちに不法侵入の罪に問われることもあるかもしれません。くれぐれも気を付けてください。かならず釣り禁止エリアでないことを確認してから釣りをしましょう。

メジャーレイクはどこも一緒? 2013年の津久井湖や霞ケ浦に異変が!?

Tsukui
楽園以外の釣れないメジャーレイクはどこも一緒かというとそうでもありません。2013年、都会から好アクセスでプレッシャーが高く釣れないと有名な津久井湖や霞ケ浦で釣れるという情報がありました。理由はわかりませんが釣れないはずの湖が釣れていたのです。普段通っている釣り場でなかなか釣れない人も別の釣り場に行ってみる価値はあるかもしれません。

メジャーレイクは日曜よりも土曜、土曜よりも平日が釣れる。

平日仕事をして疲れた体を土曜日に休め、日曜に釣りに行く人はかなり多いようです。日曜よりも土曜の方が確実にすいています。つまり、日曜よりも土曜の方が釣れます。

少し気が進まないかもしれませんが、土日休みの人は日曜だけでなく土曜に釣りに行ってみるといいかもしれません。

 まとめ

ブラックバスは簡単には釣れません。でも諦めないで下さい。釣れないメジャーレイクでも通い腕を磨けばいつか釣れるようになります。また、場所を変えてあまり知られていない秘密の楽園を探してみるのもいいかもしれません。

メジャーレイクに行く場合でも、土日休みの人は土曜を狙って、普段通っていてまったく釣れない場所とは違う釣り場所に行くと案外簡単に釣れるかもしれません。このように腕を磨くだけでなくたくさん自分の足を使ってみてよい場所を探してみてはいかがでしょうか。

コメント