ノーシンカーワームに適したラインはフロロ?ナイロン?PE?

スポンサーリンク

line10
バス釣りで使用されるラインは大きく分けて3種類、それはフロロカーボン、ナイロン、そしてPEです。ノーシンカーワームの場合、ボート釣りならフロロカーボンも良いですが基本的にはナイロンラインが一番です。それはなぜでしょう?3種類のライン違いはなんでしょう?

スポンサーリンク

比重の違い

3種類のラインは比重が異なります。最も重いのがフロロカーボン、最も軽いのがPE、中間がナイロンです。

ライン1

画像をみてもらうとわかりますが底にラインがついてしまうフロロカーボンは底にあるでこぼことラインが接触した場合、当たりと勘違いしやすいです。さらに本当の当たりがあっても底に震動が吸収されてしまうため着底中の感度が悪いです。

しかし、ラインにテンションをかけずに沈ませるフリーフォール中のワームの姿勢は浮力の小さいフロロカーボンが最も自然です。

伸縮性の違い

3種類のラインは伸縮性が異なります。最も伸びるのがナイロンライン、最も伸びないのがPE、中間がフロロカーボンです。一般的に伸縮性のないPEラインは感度がいいと言われますが、それはラインをピンとはっている時に限定したことです。確かにピンとはっているときは伸びないPEラインの感度が一番です。

しかし、ラインがたるんでいるときは、伸びるナイロンの方が、感度が良いです。タコ糸の糸電話はたるんでいると音を伝えないけれど、ゴムの糸電話(ゴム電話)はたるんでいても音を伝えますよね?

強度の違い

強度はPEラインだけ圧倒的に強いです。PEラインは強さの分ラインを細くしても問題ないです。ラインが細くなれば摩擦抵抗が小さくなるのでルアーの飛距離が伸びます。

比重、伸縮性、強度の違いからそれぞれのラインがノーシンカーワームでのバス釣りにどう影響するかまとめます。

フロロカーボン

fur
フロロカーボンは比重が重いのが特徴です。そのため自然なフリーフォールを演出できますが、着底中は底にラインをひきずってしまうため感度が悪いです。ポイントを移動しながらテンポよく釣りをするボートでの釣りに向いています。

飛距離:〇

フリーフォールの自然度合:◎

感度(フリーフォール中):〇

感度(カーブフォール中):〇

感度(着底中):×

ナイロン

ni
ナイロンの比重は水よりも重いですがやや軽めです。フロロカーボンと違い、着底してもラインを引きずらないのと、PEラインと違い、たるんでいても震動を伝えるので着底中もフリーフール中も感度が良いです。ナイロンはどんな状況でも使えるオールマイティなラインです。おかっぱりで同じポイントを長い時間釣るのと底をじっくり探る釣りにも向いています。

飛距離:〇

フリーフォールの自然度合:〇

感度(フリーフォール中):〇

感度(カーブフォール中):〇

感度(着底中):〇

PE

PE1
PEは圧倒的な強度があるのでその分細いラインを使用できるためルアーの飛距離が出ます。また、ラインをはっているときの感度が非常によい一方ラインがたるんでいると全く震動が伝わってこないという特徴があります。

そのためラインを緩めてフォールするフリーフォール中はほとんどあたりを感じることができません。ワームよりは巻物系の釣りに向いているラインです。

飛距離:◎

フリーフォールの自然度合:×

感度(フリーフォール中):×

感度(カーブフォール中):◎

感度(着底中):△ラインをピンとはっている場合は◎

まとめ

比重が重いフロロカーボンラインはフリーフォールのワームの姿勢が良いです。しかし底にラインを引きずってしまうので着底中の感度が悪いです。

ノーシンカーワームを使う場合はボートでの釣りに向いています。比重がやや軽めで伸びのあるナイロンはどんなときも感度がよくノーシンカーワームでの釣りに最も向いています。

PEラインはラインがたるんでいるときの感度が悪いためワームの釣りには向かず、巻物の釣りに向いています。

以上の特性を理解したうえで適切なラインを選んでいきましょう。

コメント