ベイトフィネスにおすすめのルアー5選

スポンサーリンク

数年前まであまり馴染みのなかった「ベイトフィネス」という言葉ですが、最近はメジャーになってきて、数々のメーカーからベイトフィネス専用リールなどが発売されています。

そもそもベイトフィネスとは、今までスピニングタックルで扱っていたようなライトリグなどの軽量ルアーを投げることができます。スピニングタックルでは責められなかったような場所もベイトフィネスなら可能になります。

そんなベイトフィネスにおすすめのルアーを紹介します。

スポンサーリンク

 ジャッカル カナカナ

kanakana

これからの時期におすすめのベイトフィネスで使えるノイジープラグです。セミが水面に落ちた時の羽音を再現しています。

ただ巻も良いですが、カバーの下でのシェイクも効果的です。ルアーカラーも本物のセミに近いようなリアルなものが多く、これからセミがいる時期にはおすすめです。

JACKALL(ジャッカル) ルアー カナカナ RTチャートストライクミンミン

 メガバス ベビーポップエックス

BABY POPX

こちらもこれから使えるルアーです。POP-Xの小型版になります。小型なので着水音も小さく、プレッシャーの高い場所でも活用できます。

ベイトフィネスで使用することによって、繊細にロッドアクションできるので、細かいドッグウォークでアピールするのもいいと思います。

ベイトフィネスなのでデカバスがかかった時には安心ですが、ルアーサイズが小型な為、子バスが釣れることもあるかもしれませんのでそこが難点です。

しかし数釣りを楽しめるという利点にもなりますので、私は利用頻度が高いですね。

メガバス(Megabass) ルアー BABY POPX GLX サンセットオイカワ

 ジークラック 浮き玉

ukidama2

ルアーマガジンとのコラボ商品です。玉浮きにラバーが付いていて、ラバージグのようなルアーになっています。玉浮きにフックを付ける場所があり、そこに好きなフックを付けて使用します。

トレーラーを付けてもいいのですが、フックだけつけてそのまま単体で使用することもできます。サイズがS、M、Lの3種類あり、使用したいワームなどによってサイズを選べます。

浮きと同じ役割をするので、初心者の方や、子供でもバイトがわかりやすく、扱いやすいルアーです。

 キング青木虫

aokimushi

青木虫は人気の虫系ルアーですが、キング青木虫は今までの物よりサイズアップしていて、2インチになっています。その分重さも増えていて、前の青木虫よりもベイトフィネスで扱うのが少し簡単になっていると思います。

シェイク時の微波動と静止した時のフォルムでバスに強くアピールできます。1パックに2つしか入っていないので、ロストや壊れてしまった時のために多めにストックしておくといいかもしれません。

Berkley(バークレー) ルアー キングアオキムシ2 PBMKAM2-GRY

 ジャッカル チェリー44

cherry44

ボディサイズが44㎜と小さめのクランクベイトです。小型ですが激しくロールアクションし、バスも思わずバイトしてしまうかもしれません。

また、2個入りで1980円と買いやすい価格なので、ルアーをあまり持っていない初心者の方にもおすすめのルアーです。派手なカラーが多いので、マッディな水質の場所で使用するのがいいかと思います。

JACKALL(ジャッカル) ルアー チェリー44 HL銀黒

 まとめ

ベイトフィネスでおすすめの軽量ルアーをまとめました。

状況によって、ベイトフィネスは必要ないかもしれませんが、ベイトフィネスは手返しも良く、効率的な釣りをすることができます。

状況に応じてベイトフィネスでの釣りを楽しみましょう。

コメント