秋のバス釣りについてまとめてみました

スポンサーリンク

aki1

これからやってくる秋のバス釣り。秋の釣りは人にとっても過ごしやすい気温で長い時間釣りを楽しむことができます。

秋のバスはどんな場所にいるか、どんなルアーに反応するかなどの攻略法をまとめたいと思います。

スポンサーリンク

 バスの居場所

aki2

夏のバスは涼しい場所、冬のバスは水温の高い場所、など居場所が見極めやすいです。

秋の水温は、バスにとって過ごしやすくなるので自由に動き回ることができ、様々な場所に散ってしまうことが多くあります。なので、他の季節に比べてバスの居場所がわからなくなります。

ですが、秋のバスは冬に備えて蓄える傾向があるので、口を使ってくれないということは少ないかもしれません。バスの居場所がわからない場合は同じ場所ばかりではなく、こまめに移動しながら探るのがいいと思います。

 秋に適しているルアー

居場所のわからないバスには、スピナーベイトなどのサーチベイトで探っていくのがおすすめです。ある程度の居場所や深さなどが掴めたら、クランクベイトやバイブレーションなどとにかく投げてみるのがいいかもしれません。

JACKALL(ジャッカル) ルアー スーパーイラプション 1/2oz DW ブラックバックチャート

また、適水温になりベイトフィッシュなども増えるので、ワカサギやオイカワなどのベイトフィッシュカラーのルアーを使うのも効果的です。

JACKALL(ジャッカル) ルアー ガンティア180 セクシークリアーピンク

巻物などでバイトしてこない場合はライトリグやバイブレーションでフォーリングすると反応してくれることもあります。そのときのバスの状態に応じて変えてみてください。

JACKALL(ジャッカル) マスクバイブジーン 70 チャートバックブルーギル

 水温の変化

秋はバスにとって過ごしやすく、食欲も旺盛なので釣りしやすいのですが、急激な水温の変化もあります。秋は台風などで大雨が多く、急激な水温の変化が起こりやすくなります。

水は温度によって比重が変わります。大雨や朝晩の冷え込みなどで表水温が下がると、表層の水が沈もうとし、底にある酸素の少ない水が表層に上がろうとするターンオーバーという現象が起こります。

水がいつもより濁ってる、泡がいつまでも消えない、などいつもと違うことがあるとターンオーバーが起こっている可能性が高いです。

そう言った日はバスの動きも鈍り、釣りにくくなってしまいます。釣行する日だけではなく、前日などの天気も注意してみてください。

 まとめ

一見簡単そうに見える秋のバス釣りですが、ターンオーバーなどの急激な変化があると難しくなります。ですが、問題がない日はよく釣れる時期でもあります。

その時の状況に注意しながらバス釣りを楽しみましょう!

コメント